読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『みずからのみずからしさ』 みぞろぎ梨穂詩集『約束の大地』より #みぞろぎ梨穂 #青林堂

『約束の大地 想いも言葉も持っている』 

 

書評はコチラ⇒

bit.ly

 

 

みぞろぎ梨穂さんの詩集『約束の大地』から心に響いた詩を一編ご紹介したいと思います。

 

詩のタイトルは『みずからのみずからしさ』です。

人それぞれ響くポイントは違うと思いますが、個人的には

理がまさっては、この世界は情を失ってしまうだろう 

だけど理が なければ 情に すくわれてしまう」

の部分がグッときます。

日々の生活の中でも「理だけを説く人」「情に囚われている人」それぞれ目の当たりにすることがあるのではないでしょうか。

 

0点か100点かの極論ではなく、その間の最適解を見定められるようになりたいものです。

 

 

『みずからのみずからしさ』 

 

明日から私はどんな苦しみも

すべて私を育てた養分として

理解して生きていきたい。

 

理想に燃えていた幼い日の夢は

実現しないけれど

私はもうそれを嘆かない

 

わずかなわずかな理想のために

私はもう二度と

夜の暗闇を恐れることはない

 

なつかしいのは

私をがんばって支えようとしてくれた人たちだ

 

未来を作るために

私はもう一度強く立ち上がる

どこにもない私らしさを探す旅をここから始めよう

  

理がまさっては

この世界は情を失ってしまうだろう

 

だけど理が なければ

情に すくわれてしまう

 

良い世界を勇気を出して求めていこう

私だけの私らしさを探すために

 

f:id:ScorpionsUFOMSG:20170416044829j:plain